2017年結成・活動開始。

藤牧宗太郎(Track Maker / Key.)、ヨロズユイ(Vo.)、森惇平(VJ / Dr.)、の3人からなる奥渋系フューチャーポップユニット。

かつて一世を風靡した渋谷系のように、音楽だけでなくカルチャー・ファッションを嗜好する人々からも厚い支持を集める。ダンサブル且つキャッチーなサウンドが特徴。

映像・プログラミングを駆使した圧巻のパフォーマンス、ヨロズユイが放つ唯一無二の存在感、「Fashion×Music」を掲げた新しい試みの数々は、各所で高い評価を得ている。

2018年「fall」「CP6」に「surface」「drawing」「melt」の5曲をリリース。

また、アパレルブランドやファッションモデルとのコラボ企画も積極的に実施している。

 

■ Next Live

2019/5/25 (SAT)

C+ vol.1 by citrusplus

at CIRCUS Tokyo

https://tiget.net/events/56054

 

■ 配信中楽曲













■ 公式アカウント

Instagram (@citrusplus_jp)

Twitter (@citrusplus_jp)

YouTube

Facebook

 

 

■ 2018年活動ダイジェスト映像

 

View this post on Instagram

 

citrusplus(シトラスプラス)さん(@citrusplus_jp)がシェアした投稿

■ Music Video
・「fall」Music Video

 

■  WEBメディア連載企画

・ 「didn’t exist」- Qetic
アパレルブランド/ショップとコラボレーションし、今までにない(didn’t exist.)=新しいトレンドのスタイルを発信していく企画
https://qetic.jp/music/didnt-exist-vol-1-with-unfollow-feature/302716/

 

・「Say H!」- Wooly
トラックメーカーの藤牧宗太郎が、東京という街で活躍する”シティアイコン”にフォーカスし、ショートトラックを書き下ろしていく連載企画「Say H!」。東京という街で活躍する”シティアイコン”にフォーカスし、ショートトラックを書き下ろしていく連載企画
http://wooly-web.com/renew/2018/10/say-h-by-citrusplus-oct/

 

■ インタビュー
citrusplus×山部哲也(bacter)対談|時代に沿った自己プロデュース力とクリエイティブを生み出す戦略 | Qetic

「活動のすべてにストーリーがあるべき」。citrusplusのクリエイティブへのこだわり。| Music DNA #32

Interview with new future-pop unit “citrusplus” – Wooly


@citrusplus_jp